のぼり旗を店頭に掲げる事でPR効果は絶大

のぼり旗が店頭に何本も掲げられている事で、そのお店の存在を広く認識してもらう効果が期待できます。

街中のお店でもそうですし、幹線道路沿いでも駐車場に入る道路沿いに設置する事で、入店を促す効果が非常に期待できるのです。

道路沿いでののぼり旗

特に幹線道路沿いのお店では、駐車場の奥に建物があるため、建物に大きな看板を掲げても、中々目立ちませんが、のぼり旗を道路沿いに掲げれば、こうした課題が解消できると言えます。

この様に、のぼり旗はお店の認知度を高めるために利用されるのが一般的ですが、その目立つ点を活用すれば、色々な情報発信にも応用が可能です。

例えば、新たなメニューを設けたキャンペーンにも利用できますし、新たなサービスを開始する時にも利用可能です。

これは幹線道路沿いのお店だけでなく、街中の様々なお店でも有効な利用法と言えます。

例えば、街中のお店で、認知度が高いケースの場合、このお店はこういうお店だと言う固定した認知をされています。

従って新サービスを提供する旨を、店頭にポスター等で掲げても、余り認知度が高まらず、従来の固定概念を打破して人々を引き付ける事が難しいのです。

これを打破して広く認知度を高めるために、利用するのも極めて有効と言えるのです。

飲食店がテイクアウトを始めるPRにものぼり旗は有効

先にも記載した様に、お店の認知度や存在を広く知ってもらうためにのぼり旗を掲げる事が一般的でした。

しかしその認知度を高める効果を新たなサービスのPRにも積極的に活用されつつあります。

例えば、飲食店や色々な物販店でも、大売り出しや特別なキャンペーンを打つ場合に、それを広く知ってもらうための呼びかけとして利用する事が出来ます。

また同じ飲食店でも、少し業態を変える場合にも、それを訴求するためにのぼり旗に訴求ポイントを短く大書して掲げれば、多くに人が気付いてくれ、新業態に対応した新たな顧客獲得が期待できるのです。

最近、飲食店でテイクアウトや専門業者経由で自宅へ料理を届ける新サービスを始める所が増えています。

お届けサービスのアピール

こうしたケースでも、「テイクアウトはじめました!」や「出前はじめました!」と簡潔な言葉をのぼり旗に印刷し、店頭に掲げれば、広く通行人等に認識してもらえ、新たな顧客獲得が期待できるのです。

のぼり旗は、お店の情報発信ツールだと捉える事で、アイディア次第でまだまだ多様な認知度アップの目的で利用可能と言えるのです。

近隣の商圏に新聞折込チラシを入れると共に、店頭でのぼり旗を掲げる事で、効果をさらに高めると言った事も考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です