文字は大きめで縦書きにする

インターネットなどでも気軽に注文して作ることができるのれんは、キャンペーンの告知などに役立つため人気があります。

比較的遠くからでも見やすく、様々な店舗で利用されています。非常に目につきやすいのぼり旗ですが、目立たせるためには工夫が必要です。
のぼり旗で大切なことは、まず品物やキャンペーンの名前が読みやすいようにすることです。イラストがメインのポスターとは若干作り方が異なるので、注意が必要になります。

のぼり旗を立てたときに見やすくするため、言葉は縦方向で大きめの文字にすることが多いです。
文字が小さいと、のぼりを見ても何を伝えたいのか知ってもらうことができません。
のぼりは特に、縦長の布ですから横書きの文字は読みにくいことがあります。のぼりを作るときのポイントは、読みやすく縦書きで字を書くことです。

もし不安なら、大きめの紙に文字を書いて遠くから見て確かめてみてください。

街中で、他ののぼりのフォントの大きさなどをチェックしてみるのも良いです。
店名は看板をみればわかるので、入れない店も多いです。シンプルにキャンペーンや知って欲しいことだけを書くのが、逆に人目につくポイントになります。

不安なときはプロに依頼してみよう

大きな文字と一言で言っても、ちょっとした違いで読みやすさはだいぶ変わってきます。
まず気をつけるのは、どんなフォントを使うかという点です。フォントによっては、読みやすいものとそうでないものがあります。

さらに、フォントによって同じ言葉でもイメージがかなり変わるので注意が必要です。色は背景とのコントラストを考えて、なるべく目立つようにしてあげます。
ただ、目立つからと言って組み合わせを間違えると目障りな印象になることもあるので注意してください。

イラストは文字に添える程度で、さりげなく入れたほうが効果的です。不安なときは、プロのデザイナーにデザインを依頼してみるのも一つの手です。
プロのデザイナーなら、色の使い方やフォントの選び方はもちろん文字の配置まで適切にやってもらうことができます。

似たようなデザインでもデザイナーが手がけると、ちょっとしたポイントを抑えてもらうことができます。
費用はかかってしまうものの、その分の効果を感じることができるでしょう。不安なときは、プロが手掛けたのれんを見てみることをお勧めします。
自分で作るのとは一味違うデザインで、是非とも利用してみたいと感じる人は少なくありません。
効果を期待したいのなら、思い切って依頼することをお勧めします。