のぼり旗のデザインの作り方

目につく

のぼり旗を使用するにも目的がたくさんあります。

一般的に多いのは、飲食店の店頭に設置する例です。
街中を歩いていて一番多く見かけるのぼり旗です。

お店の何をアピールするかを端的に一瞬でわからせる
デザインにする必要があります。

第一に、地の色と文字のコントラストです。
白と黄色では太陽が射したりすると見えません。
黒字に黄色は目立ちますが、重過ぎて食欲をそそりません。

わかりやすく食べ物のメニューをアピールしたいなら上にイラスト、
下に文字などを入れます。字は車に乗っていてもわかる
太めものがおすすめです。

開いているのか閉まっているのかがわかる、
営業中も客として知りたい情報です。

物販店では、セール・値下げ・春物入荷など、
商品名よりも中に入ってもらう目的の
デザインが多く使用されます。

サービス業関係は、おしゃれな外観から見ると何かわからない
ことも多いので、クリーニング・美容室・マッサージなど
何のお店かがわかるデザインが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です