のぼり旗印刷、激安の目安は?

お店などで使うのぼり旗はできるだけ安く済ませたいならば、激安のものを利用するとよいです。

いろいろ業者から見積もりを取り比較していけばいいですが、目安としての価格は一枚千円以下といえます。

ただし、本当にのぼり旗を一枚だけ作った時の場合の価格かどうか確認しなければいけません。

何百枚か作った場合の価格と間違えてはいけません。激安と表示されていても、細かいところまで見たうえで安いかどうか判断することです。また、印刷技術は業者によっても違いますし印刷するのぼり旗のサイズによっても安くなるかは変わってくるものです。

きちんとしたのぼり旗があれば、それだけで印象に残りやすくなります。激安だからといって品質が悪いということはありません。

データを送れば、オリジナルのものを作ってくれる業者も多く定番のものしかないということはないです。

希望するものを作ってくれる業者を選ぶためにも、どこでも同じと判断せずに比較していくことを忘れてはいけません。

屋内で使用するのぼり旗の選び方

効果的な宣伝をして集客効果を高めたいと思った時に役に立つアイテムと言えばのぼり旗ですが、選ぶ時には色々と押さえておいた方が良いポイントがあるものです。

デザインにこだわることはもちろんですが、どこで使用するかによっても、選び方が変わってくるものです。

例えば、屋外で使用する場合には、風が強くて倒れる恐れがありますから、安定感のある注水台を選んだ方が良いです。一方、屋内で使用する場合であれば、風雨にさらされるようなことはありませんから、そこまで安定感にこだわる必要はありません。

なお、屋内の場合には別の部分を気にする必要があります。色々と商品が並べてあったり、棚や椅子が置いてある中でのぼり旗を設置するとなると、あまり大きなサイズを選択してしまうと邪魔になってしまいます。

ですから、お店の規模に合わせて選ぶようにすると良いでしょう。幸い、のぼり旗にはスリムなタイプも存在しますし、卓上用のかなり小さなタイプもありますから、こういったタイプを上手く活用すると良いでしょう。

小ロットでのぼり旗を制作するには

のぼり旗を手に入れたい時には、品ぞろえが豊富な専門業者で商品選びをして注文をすると良いものですが、その時には、計画的な行動を心がけることが大切になってきます。

というのも、のぼり旗の専門業者では、注文数によって価格が変動するシステムを採用していることがあるからです。

一般的に、大ロットで注文をした場合には、1枚あたりの金額は安くなるものですが、小ロットで制作して注文した場合には、割高になってしまうものです。

例えば、1枚から9枚の単価と比べて10枚から29枚の単価が200円ぐらい安い場合があります。
もし、18枚の注文をしたら、3,000円以上の差が出ることになります。また、注文する枚数によっては送料がかかる場合と無料になる場合があります。

ですから、複数回に分けて注文をする場合、1枚あたりの金額が高くなるだけでなく、送料も余計にかかってしまうことがあるわけです。

こういったことにならないようにするために、入手する際には計画的に数の確保をしたいところです。