お祭り屋台で見かける「のぼり」の特徴と効果

目立たせる

お祭り屋台に欠かせないのが、のぼりです。
祭りの縁日で立ち並ぶ、カラフルなのぼりをながめるだけで、
祭り気分も盛り上がり、どれから食べようかと楽しくなってしまうものです。

お祭り屋台に掲げられるのぼりの特徴は、何と言っても食べ物系が目立ちます。
大きさは定番サイズの幅60cmの高さ180cmサイズ、人混みのなかでも十分に
目をひくのです。

形状も一般的な桃太郎旗と呼ばれるタイプが多くみられますが、
プリントされているデザインが多彩なことが特徴です。

シンプルなデザインに食べ物の名前をプリントしたものは分かりやすく、
「お好み焼き」、「焼き鳥」、「焼きそば」、「たこ焼き」など人気の屋台は、
具体的に食べ物の画像が入っていなくても十分に、集客効果が見込めます。

屋台といえば、これという印象が強い食べ物なので、お客もお腹が空いたときに
真っ先に探す屋台だからです。

独自性をアピールするのであれば、「広島風お好み焼き」や「関西風お好み焼き」など
地域性と特徴アピールしたものや、「手作り」という単語も人目をひきます。

食べ物の画像が大きく入った、カラフルなデザインも食欲をそそります。
定番の屋台メニューよりも個性的なタイプのメニューであれば、何かしらの
アピールポイントやシンボル的デザインが入っているほうが興味をひきます。

若い世代に人気のケバブやクレープ、ソフトクリームなどはポップでカラフルなデザインなら、
お子様や若い人の興味をひきやすいのです。

大勢の人が訪れるお祭り屋台ののぼりは、人混みのなかで目当ての屋台を探すために
欠かせない目印なのです。

お客を集める

桜まつりののぼりは雰囲気に合わせた色で盛り上げて

寒い冬が終わり春を告げるころになると、桜の季節になります。視線が集まる

家に閉じこもって過ごしていた冬も終わり、春の訪れは
気持ちも明るくなりますが、私たち日本人にとっては
桜の花は格別の意味を持っています。

1年間にたった1週間ほどしか咲かない桜の花は、その1週間の間に
すべての美しさで人々を楽しませてくれ、そして、散り際も見事です。

そうした、日本人の心に欠くことのできない桜の季節には、
日本のいたる所で桜まつりが開催されます。

多くの人が咲き誇る桜の下で、家族や友人たちと花見をしたり、
宴会を楽しんだりしますが、お祭りに欠かすことができない道具としては、
雰囲気に合わせた色ののぼりといえます。配列の工夫

のぼりは今では、商店街をはじめ街のあちこちで見かけますが、
のぼりは雰囲気を盛り上げてくれる重要なツールということができます。

のぼりは、専門の業者に頼めば1本からでも注文を受けてくれるところもあり、
お祭りには必須のアイテムです。